高次元の中間管理職は白黒ハッキリつけるタイプです

 

 

めちゃくちゃ近い将来のことが知りたくて、

チャネリングしてました。

扉を開けてくれたのはトランプさんのスピリット。

 

扉を開けるとたくさんの人が地球のさまざまな闇を洗い出し、管理してました。

 

私の意識体もすぐにキャッチされましたが、

毒にも薬にもならないのか、ほとんど無視。笑

 

 

たくさんの人たちに聞きました。

ある国のトップがその席を退いたのが、

地味にショックだったのだけれど

あの人もやっぱり闇側なの?

ってか闇って光なの?

 

と。

 

そしたら、

いや、あいつはまじで闇だから。論外。

 

みたいな波動。バッサリと切り捨てられました。

 

 

私がこれまで持っていたイメージは、

闇の皮を被った光、

光の皮を被った闇というのがあり、

どちらも本質は、

とても強い光なのだ、というのが宇宙の真実〜というものでした。

 

 

が、

 

あくまでこの地上を管理している宇宙の方々から言わせれば、

 

悪い奴は悪い奴だ、ということです。

そこに憶測を立てる必要はなく、

まして同情も何も必要ないそうです。

 

 

高次元の中間管理職のような方々は、

一貫して、

 

こいつは光!

こいつは闇!

っと、人を分断します。

グレーはありません。

 

事実を元に、少しでも悪いことした奴は許さずに管理すること。

それが彼らの仕事であるからです。

 

 

これからの世の中では、

光と闇とをハッキリと区別する段階に入ります。

人々は完全なまでに、

光を選ばないといけません。

博愛や善行しか存在してはならないのです。

(それができない魂は4次元に留まります。)

 

 

 

もちろんその上の次元の方々は、

ルシファーや聖母マリアリリスといった存在達は、

最下層の次元に、闇を降らせたりします。

そうして最下層にいる魂を覚醒させる使命があるからです。

 

 

5次元世界の始まりには、これまで闇だった人は、

徹底的な人格矯正、意識の浄化を行います。

闇の強さはある意味で魂のポテンシャルの高さなので、そんなに難航はしませんが、

それでも、

悪いことする人は良いことする人に作り変えられるのです。

もしくはルシファーや聖母マリアの次元に送られます。

 

 

5次元世界の人からは、マリアはもちろんのこと、ルシファーやリリスも光の存在に見えます。

ただ、このスピリットがアセンションすることはありません。彼らは神が創造したプログラムそのものであるからです。

 

 

私はこれまでこうしたことをあまり知りもせずに、

リリス〜!マリア〜!ルシファー!!と、

大してスピリチュアルに興味もないくせに、

ガッツリ利用してきました。

だってこれらはうまく使えば良いものなのです。

自分自身の中の弱さや汚さ、愚かさを認識しようとしてる人には、

正露丸みたいにただただ服薬できるものだからです。

スピリチュアルが好きすぎる人にはこうしたエナジーは絶対に扱えないだろうなと思います。

 

 

マリアなどの存在達を崇め奉り、彼らがいなければ生きていけないという意識であれば、その人には

不幸な気分になる現実ばかりが錬成されます。しかもより強く。

だってマリアやルシファーは、人類にある弱さや愚かさを叩きのめそうというパワーそのものだからです。

ある意味そういうパワーにつかまろうとすることが、魂にとって良い修行の場です。

 

 

 

私は一人のスピリチュアルリストとして、

こうした存在を利用し、しかもお金を稼いできました。

それは良いことでしょうか?

...宇宙の中間管理職から見れば、良くないことです。笑

なので人間存在としてのLilyは今、性格矯正されて、5次元世界への適応が急がれています。

 

 

まぁ、これらも私の魂の計画の一つかな、と思っているのですが。

私の名前には、弥勒菩薩の字が入っています。

弥勒というのも厄介でね、、

マリアやルシファー同様に、執着をわざと集めるスピリットなのですよ。

そんな字が入ってるくらいだからまぁ、地球のうんこ掃除には向いてるんだろう。

うんこ掃除する系の魂だったのだと思います。

ちなみにうんこ掃除する系のスピリットは笑ってしまうくらい情に厚いです。情こそ最高の執着吸引力だからな。ちなみに平気で嘘をつく。

 

 

取り留めもなく書きましたが。

そろそろうんこ掃除やめたい、と思ったときから

 

スピリチュアリストの命は閉じ、

一人のちっぽけな人間として、5次元に行こうとしています。

なんとなく、私は地球が合ってない気がするけどね。他の星がいいな。

 

 

 

ではー。

 

 

Lily

 

f:id:lilysroom:20200831030233j:image