怒りの感情体験の意味と、最高の未来の作り方

 

 

最近、誰だかわからないレベルで人格が変わってきています。

もともと私の中には、4つくらい性格があって、

いろんな顔がコロコロ出てきて普通にキモい人なんだけど、

 

ま、ほとんどエゴだからいっかぁ〜と放っておきましたが、

いよいよ本丸?の人格が出てきました。

ブログの口調が変わるのもそのせいです!

 

 

さて、今月とても心の痛むことが二つありました。

一つは、知らない間に辺野古の海の埋め立て工事がかなり進んでしまったことに気づいたこと。

二つめは、

またまた悪い人のせいで(私は事故ではないと思ってます)、日本の船の事故によって、モーリシャスという大変美しい島国の海で、重油が1000トンも流されてしまったこと。

 

まぁ、悲しいことは他にも山ほどあったけど、

この2つの環境破壊が、なんだかとっても悔しくて。

胸が締めつけられました。

 

なんかね、綺麗なものが壊される感覚って、

本当に強い強い怒りになるのです。

この意識ってなんなのだろうと思うけど。

なんだかとっても悲しくてやりきれない思いがする。

 

 

なんで私に世界が守れないのだ?

どうしてこんなに〝ひどいことをする人〟がこの世界にいるのだ?

という、

尊大な自己認識からの自己卑下、そして怒り。

 

 

 

自分の大きさもわからず、他者の愚行・悪行に腹が立つ。

少し立ち止まれば、なんだか私にとっての課題が見えてきそうな気がしますが。

 

 

でもやはり、

1人の人間として、

美しき星を愛し、醜く染める組織を嫌う心があります。

 

 

これから数ヶ月、おそらく、怒っている人というのが、とんでもない数現れると思います。

民衆の怒りが爆発するときです。

そしてこれは、もしかしたらメディアに報じられない可能性があります。

 

そして、他でもない自分自身の中に、

怒りが湧くことがたっくさん起きてくることでしょう。

 

これは全部、とっても良いこと!

とっても良いことです。

 

怒りが湧いたら、それはね、

とりあえず怒っていればいいらしいよ。

 

怒りに任せて、叫んでもいいらしいよ。

 

私のハイヤーセルフが言ってました。笑

 

ただ、一つ言えるのは、

どんな悪しき事態も、一瞬にして立て直す力が、高次元にはあるということ。

 

つまり、パッと消えるのです。

 

それには、高次元的なエネルギーを生み出す必要がある。

 

それは何か?

 

 

 

そうです。答えは簡単。

愛じゃよ、愛。

 

 

愛っていうとめんどくさいけど、笑

 

 

また綺麗な海が見たいなぁ〜でいいのです。

いつか素敵な国に住みたいな〜

とか、そんなんでも世界は変わる。

 

 

汚いもの見て、これがこうだったらいいのにな、と思えばいいのです。

どんな未来を愛しているのか?

それに目覚めればよいのですよ。

 

これ、ツインの話もそうでね。

どんな男に会いたいのかな。どんな女に会いたいのかな。イメージしてみてください。

 

そしてイメージした人から、何をされるかを考えるのではなく、

イメージしたその人の瞳を、

綺麗に綺麗になるように、イメージし直すのです。

天空の光を映すビー玉のようになるまで。

これが、愛を使って未来を変える方法の一つ。

イメージングの最初の段階で、間違っても、愛されたいとか結婚したいとか思わないことです。

とにかく瞳を何度も何度も、綺麗な瞳にイメージし直す。

 

 

 

後半はチャネリングでした。

もう少し人格を断捨離したい。疲れて仕方がないわ

 

 

Lily

 

 

f:id:lilysroom:20200823003948j:image