大好きなものシリーズ

手の味

平松洋子さんのエッセイの中で、 【手の味】という話が出てくる。 韓流ブームよりずっと前に、 平松さんは韓国に食の取材で訪れていて 釜山だったかな、一般家庭のお母さんの作る、 家庭料理を取材したときのこと。 そのとき、オムニ(韓国語でお母ちゃんの意…

芸術とは代弁なのかもしれない

今また、すっごく良い本に出会えて 目頭に熱を帯び、鼻の奥が湿ってきて、 奥歯がわなわな揺れて ページをめくる指先が震えるような 泣きそうで泣かないギリギリの 感動の最高レベルをずーっと維持しながら読み耽っている。 心に足があったらつってる。 そん…

F分の1の話。

わたしが初めて知ったのは、バカの壁の著者で有名な、養老先生の本だったかな、。 1/f(F分の1)のゆらぎって知ってますか? 焚火の映像とか、波の音とかに含まれる特定の波長?らしいのですが、 それがすごいリラックス効果があるんですって。 美空ひばりさん…

最高の私

親鸞にハマっていた時期がありまして、 これです。↓ 親鸞(下) (講談社文庫) 作者:五木 寛之 発売日: 2011/10/14 メディア: 文庫 親鸞(上) (講談社文庫) 作者:五木 寛之 発売日: 2011/10/14 メディア: 文庫 五木寛之さんの親鸞。 梅原猛さんとのコラボ?だか…

大切なことは

このブログを始めるときに できるだけ、毎日 自分のストレスのない範囲内で書く と決めました。 そしたらおのずと、文章が短くなって 詩のようになってしまった。 私はもともと、言葉の多い人です。 語彙は少ないけど、だらだらだらだら 伝えたいことをより…