自己否定を恐れてると悪しき観念に気づけない

 

 

今日気づいたことがあって、

それは、

自己否定の存在価値。

 

自己否定って、自分を嫌いになるという意味で使われることが多いけど、

 

別の解釈をしてみるならば、

 

「今の自分の持っている観念を否定する」

 

っとも読むことができます。

 

 

つまり、

〝やだ!私ったらとんでもない間違えを犯していたわ!〟

みたいな、

 

自分自身への大絶望。

これも、自己否定です。

 

自分のやってきたこと、信じてきたこと、

他人にお勧めして布教してきたことが、

 

実はとんでもなく間違ったことだと気づいたら、

 

どんな人だって、自分のことが嫌いになる。

うそだろ私、みたいな。

自分への絶望。

 

これってキツイです。

何より大切な自分が、

見るに耐えないゴミムシみたいに思える。

ゴミムシってゴミなのか、ムシなのか。

 

 

 

だから多くの人は、

自己否定ができない。

 

自分の生き方や信念が間違ってるって思えない。

そして、

自分の生き方や信念を、

〝そうだよ、これが正しかったんだよ〟と思えるような生き方を頑なに選ぶ。

 

 

今の時代、新たな観念を持つことが一番に求められてる。

会社に行って一生懸命働いて家族を養うことは素晴らしい社会貢献だ...

という常識でさえ、

コロナちゃんのおかげでひっくり返されてるもの。

 

 

霊性が高まる過程では、

 

うそやん、私間違ってたんか

神様に背くことしてたんか

正しいと思って子供に教え込んだことが

実は毒以外の何者でもなかったんか

 

 

というようなことが、

次々出てきて普通です。

 

 

私も今、そんな自己否定の嵐です。

信じてたものがぶっ壊されて

自分が大嫌いになり、瞬間的に自殺したくなったりしてます。

天国が遠のいて見えたりもします。

 

 

だけど、

「あー、やらかしたんだ、私」「間違ってたんだ」って認めたときから、

新しい風が、身体の中を吹き抜ける。

 

世界が鮮やかに変わっていくのも見えてくる。

 

 

絶対そう!って思ってることから壊れてゆく、

今このときの地球に乗っている私たち。

 

もっと自己否定してもいい。

それは、新たな世界からの招待状でしかない。

 

無意識に信じてること、

正しいって教え込まれたこと、

オセロのようにひっくり返してみてください。

 

世界に勝ち負けが無くなるよ。

 

 

 

Lily

 

f:id:lilysroom:20200730060444j:image